コース紹介

植物・園芸学、動物・昆虫学、地理・考古学、地球・気象学、天文学、恐竜・古生物学の6コースに分かれ、専門分野への知識を深めていきます。

コース紹介

フィールドワークを主体にした学びを展開する6つのコース

3年次から希望・成績に応じて6つのうちいずれかのコースに進みます。
植物・園芸学、動物・昆虫学、地理・考古学、地球・気象学、天文学、恐竜・古生物学へのメインコース分けは2年次の後期末に決定し、4年次の卒業研究はメインコースに所属する研究室で行う事となります。

植物・園芸学

野生植物から果樹や栽培植物などの園芸植物までを対象に、野外や圃場、実験室などで、多彩な科学的手法を使って研究。自然科学的手法に加え、人文科学の手法も交えた園芸学についての研究も行います。

動物・昆虫学

昆虫類、魚類、両生類、爬虫類などの多様な動物について、生態・行動・生理・進化などの観点から研究します。

地理・考古学

他コースと連携した地質・地形などの幅広い地理学と、東アジアを中心とした旧石器時代 ~近代の考古学を研究します。

地球・気象学

隕石から地球の大気・地質まで多彩な地球科学分野を題材に、地球惑星科学・気象学・地質学の環境問題などを幅広く研究します。

天文学

天体観測とデータ解析を通して、星の誕生や超新星など星の最後、太陽系から宇宙の構造まで幅広く研究します。

恐竜・古生物学

化石標本や地層などの分析を通して、恐竜や古脊椎動物の生態や進化について生物学と地学の両面からの研究をします。