トップページ

古生態・古環境学研究室のホームページへようこそ。
この研究室では地質学や古生物学を用いて、古生態や古環境を調べています。

研究室教員
實吉玄貴(さねよしもとたか)
東京都出身、1976年9月生まれ、博士(理学)。
国内外で野外調査を実施し、地質学的・古生物学的なアプローチから、
過去に生息していた大型動物の古生態や生息環境に関して研究。
2014年4月より現職。

【2016年9月 ゴビ砂漠南西部の恐竜化石産地・Nemegt】

新着情報

2017年3月30日  2016年度、2017年度の卒論と修士の研究題目、を『卒論・修士研究』へ追加編集
2017年3月27日  なぎビカリアミュージアムにて講演会、を『最近の出来事2017』へ追加
2017年3月24日  私立大学研究ブランディング事業 年度末報告会&公開シンポジウムの開催、を『最近の出来事2017』へ追加
2017年3月3日    私立大学研究ブランディング事業 定例報告会開催、を『最近の出来事2017』へ追加
2017年2月17日  卒論・修論発表会、を『最近の出来事2017』へ追加
2016年12月28日  年末の御挨拶、を『最近の出来事2016』へ追加
2016年12月3日  年末恒例の合同ゼミ開催、を『最近の出来事2016』へ追加
2016年12月2日  古生物学実習(3年生)化石の型取り ~シリコン塗布~、を『最近の出来事2016』へ追加
2016年11月28日  私立大学研究ブランディング事業への採択、を『最近の出来事2016』へ追加