トップページ

古生態・古環境学研究室のホームページへようこそ。
この研究室では地質学や古生物学を用いて、古生態や古環境を調べています。

研究室教員
實吉玄貴(さねよしもとたか)
東京都出身、1976年9月生まれ、博士(理学)。
国内外で野外調査を実施し、地質学的・古生物学的なアプローチから、
過去に生息していた大型動物の古生態や生息環境に関して研究。
2014年4月より現職。

【2016年9月 ゴビ砂漠南西部の恐竜化石産地・Nemegt】

新着情報

2018年4月23日  モンゴルで採取したPJのクリーニング開始、を『最近の出来事2018』へ追加
2018年4月20日  2018年度の卒業研究・修士研究、を『卒業・修士研究』へ追加
2018年3月30日  モンゴルウランバートル市IPGでの調査ほか,を『最近の出来事2018』へ追加
2018年3月24日  岡山理科大学恐竜学博物館開館とシンポジウム,を『最近の出来事2018』へ追加
2018年3月5日   Naturalistae 22号に博物館活動(卒業研究)論文が掲載,を『最近の出来事2018』へ追加
2018年2月27日  修論・卒論の報告と3月シンポ,を『最近の出来事2018』へ追加
2018年1月23日  卒論出そろいました,学会発表予定,を『最近の出来事2018』へ追加