生物地球学科 地球・気象学コース 地形地質学研究室 能美研究室ホームページ Top.page

Study Seminar Member Events Link

 


  当研究室では、花崗岩などの珪長質マグマのなりたちに関連した研究を主に行っています。

  花崗岩などの岩石は場所によって異なる表情をしているので、どんな顔つきをしているかは行ってみないとわかりません。

  なので、当研究室ではいろんな所へ出かけて行って花崗岩などの岩石を観察します。


 

■ Study 能美研の研究
 岡山県南部や瀬戸内海の島々には、白亜紀後期にできた花崗岩が広く分布しています。この地方の花崗岩は広島型花崗岩とも呼ばれており、濡木(1979)によってⅠ~Ⅳ型+細粒花崗岩に岩相区分されましたが、まだ未区分のところがあったり、それらの関係が良くわからなかったりするため、これを補完することを目的として研究をスタートしました。
Nomi Suke の Twitter 使い方間違えている?
■ Seminar 能美ゼミ
 当研究室の卒業研究では、おもに花崗岩とそれに関連した地質・地形現象を取り扱います。
 〇 一人一テーマ
 〇 必ず野外調査を取り入れる

 〇 コンピューターを使って解析
その他に、当ゼミの特徴として、
 〇 本人の研究以外のイベントがかなり多い
 Member 今年のゼミ生
 今年の卒研ゼミ生は4人、個性的なメンバーが揃いました。
 卒研テーマは、

  花崗岩の産状
  花崗斑岩のジルコン結晶形
  石材の風化
  地質と植生の関係
とバラバラです。
■ Events イベント
 卒研以外のイベント - オープンキャンパス、キッズイベントへの参加、実習SA、ゼミ登山、ゼミ巡検、合同発表会、各種学会参加、花見、追いコン、忘年会・・・
 不定期・きままにアップします。

 

  
教員名  能美 洋介   博士(理学)   岡山理科大学教授
専門分野  情報地質学、学位論文は”DEMの作成法”の研究でした。
研究室の場所   岡山理科大学D4号館3階 東門(自衛隊側)から入ってすぐの建物
連 絡 先  y_noumi(あっと)big.ous.ac.jp +81-86-256-9605 内4296
担当講義  地球科学概論Ⅰ(1年)、地質学(2年)、地質図学(2年)、物理地学(3年)、卒業研究(4年)
オムニバス系
 生物地球概論4(1年)、エコツーリズム技法(1年)、野外調査法実習1(1年)、野外調査法実習2(2年)、天文地学実習(2年)、地学実習(3年)、野外博物館実習D(3年)、岡山学(1年)、地球型惑星の歴史と物質科学(1年)
大学院(修士課程)

 地形地質学特論、野外調査特別演習Ⅲ・Ⅳ、特別研究

 


    Noumi Labo, Dep./Fucl Biosphere-Geosphere Science, Okayama University of Science 2017. 記載内容・写真等を無断でコピーしないでください。