岡山の局地気象                         

自分達が住む地域の気象や気候を知ることは、とても大事です。岡山にある大学だからこそ、岡山の気象現象を研究することができます。自分を育ててもらった岡山に恩返しするという意味でも、できる限り岡山の気象環境を研究によって明らかにし、より多くの岡山の人達に知ってもらえるよう、新しい成果を公表していきます。

また、地元から要望があれば気象調査もおこないますので、そのときはぜひご相談ください。以下、これまで研究室で実施した岡山に関する局地気象・気候の研究成果をまとめてあります。ここにはインターネットで公開されている論文等のみを掲載していますが、その他にも多数ありますので、「これまでの研究成果」のページをご参考ください。


ヒートアイランド現象

岡山地方気象台の露場移転に伴う観測気温の不連続 −2015年3月の移転−.
  (三浦悠・大橋唯太)
  日本気象学会2017年度秋季大会講演予稿集,2017,p.358.
岡山地方気象台の露場移転が観測される気温に及ぼす影響について.
  (三浦悠・大橋唯太)
  Naturalistae,2017, No.21 February,pp.7-15.
岡山地方気象台の観測露場移設に伴う気温データの不連続性について.
  (三浦悠・大橋唯太)
  日本気象学会2015年度関西支部第1回例会,岡山大学,2015年11月.
岡山地方気象台の観測露場移設に伴う気温データの切断と都市気候の判定について.
  (三浦悠・大橋唯太)
  日本気象学会2015年度秋季大会,京都テルサ,2015年10月.
岡山県倉敷市における夏季ヒートアイランド現象の長期観測.
  (佐藤真由美・大橋唯太)
  Naturalistae,2011, No.15 November,pp.23-30.
気象統計項目からみたヒートアイランド現象.
  (重田祥範・大橋唯太・塚本修)
  日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,2010, p.273.
細密な気象観測によるヒートアイランド強度の時空間的解析 −岡山市を対象にした例−.
  (重田祥範・大橋唯太)
  天気,2009, Vol.56,No.6 June,pp.443-454.
都市中心部で夏季晴天日に発生する低温領域−地上気温と地表面温度の関連性−.
  (重田祥範・大橋唯太)
  2009年度日本建築学会大会学術講演梗概集,2009,pp.917-918.
Urban cool island in daytime −Analysis by using thermal image and air temperature measurements−.
  (Yoshinori SHIGETA and Yukitaka OHASHI)
  The 7th International Conference on Urban Climate,2009,Proceedings.
夏季晴天日に都市中心部で発生するクールアイランド現象 −地上気象観測と上空からの熱赤外画像による解析−.
  (重田祥範・大橋唯太・塚本修)
  日本気象学会2009年度春季大会講演予稿集,2009, p.175.
季節変化に伴うヒートアイランド強度の時空間的特徴−岡山平野の広域的な細密調査−.
  (重田祥範・大橋唯太)
  日本気象学会秋季大会講演予稿集,2007, p.279.
中規模都市における大気熱環境の広域的な細密調査−岡山市街地で発生するヒートアイランド現象.
  (重田祥範・大橋唯太)
  環境情報科学論文集20,2006, Vol.20 November,pp.7-12.
高精度気温・湿度測定器による観測ネットワーク−岡山平野における都市熱環境の調査−.
  (重田祥範・大橋唯太)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2006, 第109号,pp.63-66.

大気熱環境と海陸風

岡山県の高梁盆地で暖候期に発生する高温化の気象観測.
  (小川晃生・高市泰樹・大橋唯太)
  Naturalistae,No.23,pp.13-26.
暖候期に観測される高梁盆地の高温化.
  (大橋唯太・小川晃生)
  日本気象学会20177年度春季大会講演予稿集,2017,p.249.
岡山県高梁盆地でしばしば観測される大気の高温化現象について.
  (小川晃生・大橋唯太)
  2016年度日本気象学会関西支部第1回例会講演要旨集,No.139,pp.1-4.
岡山県高梁盆地で暖候期に観測される高温現象の発生メカニズム.
  (小川晃生・大橋唯太)
  OUSフォーラム2016,岡山プラザホテル,2016年11月.
岡山県高梁盆地の夏季における高温化現象の観測.
  (小川晃生・高市泰樹・大橋唯太)
  日本気象学会2015年度秋季大会,京都テルサ,2015年10月.
岡山県高梁市における夏季高温現象の実態調査と熱中症対策の提言.
  (大橋唯太・小川晃生・高市泰樹)
  OUSフォーラム2015,岡山プラザホテル,2015年11月.
岡山市街地を対象としたヘリコプターによる地表面温度画像の取得と地上気温の観測.
  (大橋唯太・重田祥範・塚本修)
  Naturalistae,2015, No.19 February,pp.65-74.
建物用途の異なる街区を対象とした気温測定 −海風の吹送パターンと季節差による検討−.
  (重田祥範・大橋唯太)
  2010年度日本建築学会大会学術講演梗概集,2010,pp.977-978.
街区構造の違いが及ぼす大気熱環境 −気温の空間的分散と季節特性−.
  (重田祥範・大橋唯太・塚本修)
  日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集,2010, p.156.
建物用途が異なる街区での気象要素の比較−野外観測・数値シミュレーションからの検討−.
  (川邊智一・大橋唯太・重田祥範)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2006, 第109号,pp.75-78.
ビル街と住宅街における気温と街区構造の関係.
  (井上大輔・大橋唯太・塚本修)
  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集,2006, pp.354.
海陸風による熱・水蒸気の水平移流−自動車による岡山市の広域観測−.
  (重田祥範・大橋唯太・酒井敏・梅谷和弘)
  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集,2006, pp.457.
岡山市におけるビル街と住宅街の気象要素の違いについて.
  (川邊智一・大橋唯太)
  日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集,2005, pp.347.
キャノピー層内の気温・湿度分布と海陸風による熱・水蒸気輸送との関連性.
  (重田祥範・東地雄一郎・酒井敏・梅谷和弘・大橋唯太)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2005, 第107号,pp.69-72.

熱中症リスク

屋外生活空間の違いに伴う熱中症指標と温熱感・快適感の変化.
  (疋田浩之・大橋唯太・亀卦川幸浩・井原智彦)
  Naturalistae,2013, No.17 February,pp.1-8.
都市域における熱中症指標WBGTの変動特性.
  (大橋唯太)
  環境情報科学論文集24,2010, No.24,November,pp.417-422.
都市域のさまざまな活動空間でのWBGTの比較.
  (大橋唯太・竜門洋・重田祥範)
  日本生気象学会雑誌,2009, Vol.46,No.2 June,pp.59-68.
暑熱環境指数WBGTの長期計測から熱中症リスクをみる −岡山市街地を対象として−.
  (大橋唯太・山本好美)
  日本気象学会2009年度春季大会講演予稿集,2009, p.36.
Evaluation of urban thermal environments in commercial and residential spaces in Okayama City, Japan, using the wet-bulb globe temperature index.
  (Yukitaka OHASHI, Tomokazu KAWABE, Yoshinori SHIGETA, Yujiro HIRANO
  , Hiroyuki KUSAKA, Hironori FUDEYASU, and Kazuhito FUKAO)
  Theoretical and Applied Climatology,2009, Vol.95,pp.279-289.
様々な日常活動空間における熱中症指標WBGTの観測 −岡山市街地を対象にして−.
  (大橋唯太・竜門洋・重田祥範)
  日本気象学会秋季大会講演予稿集,2007, p.279.
様々な生活空間における熱中症指標WBGTの連続測定.
  (竜門洋・重田祥範・大橋唯太)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2006, 第109号,pp.71-74.
岡山市の高層ビル街と低層住宅街で観測された温熱指標の違い.
  (大橋唯太・川邊智一)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2005, 第107号,pp.73-76.

インフルエンザ

年および地域による気象・気候の違いと季節性インフルエンザの流行との関係性について −岡山県を対象にした例−.
  (大橋唯太)
  日本生気象学会雑誌,2020, Vol.57, No.2, 受理済み.

緑地の温熱環境

夏季における都市緑道の温熱快適性の評価 −岡山市臨港グリーンアベニュー−.
  (大橋唯太・野田珠生)
  Naturalistae,2016, No.20 February,pp.19-28.
市街地緑道のセラピー作用・気象環境とバイタルサイン変動の関連性.
  (中矢直幸・岡林大輝・大橋唯太・岩本裕之・宮原啓)
  日本気象学会2015年度関西支部第1回例会,岡山大学,2015年11月.
住宅街に囲まれた大規模公園で発生するクールアイランド現象 −岡山県総合グラウンドの事例−.
  (重田祥範・高岡利行・大橋唯太)
  Naturalistae,2014, No.18 February,pp.13-22.
都市緑道の夏季気温低下効果について −岡山市西川緑道公園での気象観測−.
  (大橋唯太・小原洋輔)
  Naturalistae,2014, No.18 February, pp.1-11.
温熱指標の計測による都市緑道の快適性評価 −岡山市の西川緑道公園と緑道臨港グリーンアベニューを対象にして−.
  (野田珠生・大橋唯太)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2009, 第119号,pp.41-44.

ソメイヨシノの開花とヒートアイランド現象の関連性

The phenology of cherry blossom (Prunus yedoensis “Somei-yoshino”) and the geographic features contributing to its flowering.
  (Yukitaka OHASHI, Hiroshi KAWAKAMI, Yoshinori SHIGETA, Hiroshi IKEDA
  , and Nobuko YAMAMOTO)
  International Journal of Biometeorology, 2012, Vol.56 September, No.5, pp.903-914.
ソメイヨシノの開花と気温・黒球温度の地理的分布 −岡山県岡山市の場合−.
  (大橋唯太・川上皓史・重田祥範・池田博・山本伸子)
  日本気象学会2010年度秋季大会講演予稿集,2010, p.342.
都市域のヒートアイランド現象がサクラの開花に与える影響−岡山市を対象にして−.
  (佐藤真由美・野田珠生・鈴木千尋・大森繁・能勢樹葉・川上皓史・山尾僚・山本伸子
  ・重田祥範・大橋唯太・池田博)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2007, 第112号,pp.64-67.
都市域のヒートアイランド現象が植物季節に与える影響−岡山平野におけるソメイヨシノの開花を例として−.
  (重田祥範・山本伸子・山尾僚・川上皓史・大森繁・佐藤真由美・能勢樹葉・野田珠生
  ・鈴木千尋・大橋唯太・池田博)
  日本気象学会秋季大会講演予稿集,2007, p.280.

大気汚染

岡山平野で発生する海風収束と大気汚染濃度の関係.
  (大橋唯太・澤上平護)
  Naturalistae,2009, No.13, pp.19-26.

広戸風

Numerical study of the local downslope wind "Hirodo-kaze" in Japan : Impact of typhoon on its occurrence.
  (Hironori FUDEYASU,Tsuneo KUWAGATA,Yukitaka OHASHI,Shinichi SUZUKI
  ,Yasutomo KIYOHARA,and Yu HOZUMI)
  Monthly Weather Review,2008, Vol.136,No.1 January,pp.27-40.
局地風広戸風の発生に対する台風の影響.
  (筆保弘徳・桑形恒男・大橋唯太・鈴木真一・清原康友・穂積祐)
  日本気象学会2006年度秋季大会講演予稿集,2006, pp.252.

瀬戸内海

瀬戸内海東部の諸都市・島嶼部における夏季暑熱ストレスの地域性について.
  (大橋唯太・鎌倉正希)
  日本生気象学会雑誌, Volume 53, No.4 December, pp.123-138.
岡山周辺における海水温と気温の変化の対応について.
  (大橋唯太・遠藤和美・塚本修・藤沢邦康)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,1995, 第72号,pp.15-18.

雲・降水

岡山平野南西部に発生する積雲群の解析.
  (小田博雅・大橋唯太)
  日本気象学会関西支部例会講演予稿集,2005, 第107号,pp.17-20.

トップページに戻る
Copyright 2008 Ohashi Yukitaka