生物地球学部 生物地球学科
取得できる資格
ホーム取得できる資格
がんばればこんな資格が取れます
生物地球学部 生物地球学科で卒業後に認められる学位は、理学士になります。
さらに頑張れば、次のような資格を取ることができます。

取得可能な資格・免許
・教員免許
中学校教諭1種免許状(理科)
高等学校教諭1種免許状(理科)
小学校教諭2種免許状

・博物館学芸員
科学館・動植物園・美術館などを含む博物館施設で専門職員として働くときに必要な国家資格です。
天文学コースでは、星空案内人(準案内人)の資格取得も同時に可能です。

・地域調査士(予定)※
地域社会に関連する実態調査やデータ統計分析などの専門技術を認定される資格です。日本地理学会の認定資格です。

・自然再生士補※
自然再生士が行う自然再生に関する業務や活動を補佐する役割を担います。自然再生に必要とされる技能を有する者の資格で、財団法人日本緑化センターが認定しています。

・測量士補※
公共事業などに関わる測量作業を行うときに必要な国家資格です。おもに測量士を補佐する役割を担います。

※必要科目の単位を修得し、資格認定機関に必要な単位数が認められれば、認定される資格です。各個人で資格認定機関に申請する必要があります。

学習内容と関連した取得がめざせる資格
・気象予報士
気象予報業務を行うときに必要な国家資格です。難易度が高く全国合格率は低いですが、旧学科においても合格者が在学中に3名出ています。

・ビオトープ管理士
自然と共生するまちづくりを目指す技術者で、財団法人日本生態系協会の認定資格です。地域の自然生態系を守るビオトープ事業・自然再生事業などで活躍できる人材です。

・公害防止管理者(大気関係)
エネルギー供給や製造業に関する工場などで、公害防止のために必要となる国家資格です。工場施設からの公害発生を抑止する役割を担います。特に大気汚染に関する学習を通して、大気関係の資格を目指せるようになります。

・生物分類技能検定(2級・3級)
生物調査や環境保全などに関わる業務において必要とされる動植物の分類能力を育成する技能検定です。財団法人自然環境研究センターの認定検定です。

・ITパスポート
情報技術(IT)に関連する基礎的知識・素養を認定される国家資格です。2009年に新設された比較的新しい資格で、注目されています。

・技術士補
主にインフラの設計図を作成する建設コンサルタント技術者として必須の資格です。技術士は、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格であり、通常技術士補として業務経験を積んだ後に受験資格が得られます。

・防災士
社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有するものとして、NPO法人日本防災士機構が認定する資格です。


生物地球学科について
選べるコースの紹介
研究室の紹介
研究トピックス
取得できる資格
卒業後の進路
ムービー紹介


入試情報
WEBシラバス
生地談話会
生地研究会
生物地球システム学科


Copyright