生物地球学部 生物地球学科
生物地球学部について
ホーム生物地球学科について
2012年4月、岡山理科大学に4番目の学部となる生物地球学部が誕生しました。
旧学科の(総合情報学部)生物地球システム学科を発展させて、地球の自然や環境をフィールドワークの視点から考える大学教育・研究をめざします。

教育と研究で目指すのも

近年、環境破壊、自然災害、生物多様性の減少などの問題が深刻化し、このような問題の解決に取り組めるスペシャリストの育成が社会的に求められるようになり、より現実の自然環境に根ざした教育が必要になってきました。
そのため本学では、従来の総合情報学部のなかの生物地球システム学科を発展させて、新たに1学部1学科構成の生物地球学部 生物地球学科を開設しました。
自然そのものを対象とした教育・研究を主体とし、自然史・博物学の要素が色濃く反映された学部になります。
〜自然との共存をめざし,地球の声に耳を傾ける〜 これが生物地球学部のキャッチフレーズです。

生物地球学部生物地球学科には3つの注目ポイントがあります。
Point1:専門性の高い6コースとサブコース制度の導入!
宇宙・地球科学分野である天文学コース地球・気象学コース、生物・農学分野の動物・昆虫学コース植物・園芸学コース、地理・歴史学分野である地理・考古学コース、そしてこれらの融合分野といえる恐竜・古生物学コースという6つのコースから成り立ちます。
3年次にメインとするコースの配属を各自決めますが、それとは別に講義と実習の選び方によってサブコースを習得できます。
Point2:理系から文系まで幅広い自然環境分野を総合的に学ぶことができる!
文系要素の強い分野として地理・考古学コースが加わることで、自然環境の横断的な探求に厚みが増します。理系・文系あわせて21の専門教員が研究室を立ち上げます。
地球の自然や生命への理解を深めるために、「地球深くから宇宙まで」、「DNAから生態系まで」、そして「過去から未来まで」を意識した学問探求を進めていきます 。
Point3:フィールドワークを重視して、自然と深く触れ合っていく!
様々な分野が広くわたっていますが、いずれもフィールドワークをキーワードとして密接に結びついています。植物の採集や栽培、天体や気象の観測、遺跡の発掘調査、動物の生態観察など、自然に関する調査研究が積極的に取り入れられています。

自然科学を探求する 卒業までのロードマップ
1年次
横のつながりを知りながら、基礎を養う
「生物地球概論T・U」や「野外調査法実習T」などの基礎科目を通して、天文学、地球・気象学、動物・昆虫学、植物・園芸学、地理・考古学、恐竜・古生物学の各分野と野外調査に関する基礎知識の習得をめざします。そのなかで、6分野の深いつながりが見えてくるようになります。また、調査で得られたデータの解析に必要となってくるコンピュータ技術も学びます。
【上記以外の科目例
天文学概論T、地球科学概論T、生物科学概論T、園芸学概論、地理学概論、考古学概論T、人類学概論T、*古生物学概論T、エコ・ツーリズム技法、コンピュータリテラシーなど。(*はH26年度以降の入学対象)

2年次
専門分野へ向かう基盤を固めていく
「天文地学実習」・「生物学実習」・「地理考古学基礎実習」などの実習を通して、各系統で必要とされるフィールドワークと分析技術の基盤を固めます.それと同時に、3年次のコース分けを意識した各専門分野の科目を履修していきます。
【上記以外の科目例
天文観測法、天体力学、環境気象学、地質学、海洋生物学、昆虫科学、果樹園芸学、細胞遺伝学、環境考古学、自然地理学、*恐竜学T、*古環境学、野外調査法実習Uなど。(*はH26年度以降の入学対象)

3年次
コースに分かれて縦にのびた根っこを深く知っていく
興味や進路に応じて6分野のコースから1つを選び、より専門性の高い知識と技術を習得します。「天文観測実習」・「地学実習」・「動物学実習」・「植物・園芸学実習」・「地理考古学実習」・「*古生物学実習」といった実践的な野外調査実習を体験し、4年次の卒業研究にむけたデータ解析やレポート作成に取り組みます。(*はH26年度以降の入学対象)

【上記以外の科目例
天体物理学T・U、天文データ解析、惑星物質学、自然災害学、水圏生態学、環境動物学、植生学、植物系統進化学、技術考古学、地域統計学、*古生態学、*古哺乳類学など。(*はH26年度以降の入学対象)

4年次
研究室に所属して、仕上げの卒業研究にとりくんでいく
1つの研究室に所属して「卒業研究」にとりくみます。自分の研究テーマにそったフィールドワークと資料・データの収集や解析といった一連の作業を経験することで、将来の就職や大学院での研究活動にいかせるようになります。
【上記以外の科目例
生物地球特別講義II・III

【特色その1】
理学の学士号が与えられます。
【特色その2】
必修科目の数を極力おさえることで、学生自身による科目選択の自由度が大きくなるようにカリキュラムを設定しています。
【特色その3】
所属するコースとは別に、他コースの専門科目10単位以上とそのコースの3年次野外実習を卒業時までに修得すれば、サブコースとして学部より認定されます
【特色その4】
博物館学芸員の資格取得(申請予定)に必要な実習科目を各コースの専門教員が指導します。上級科目「野外博物館実習I〜X」のなかから希望する分野の実習を選択します。
【特色その5】
前身の生物地球システム学科では、北海道から沖縄県まで全国の都道府県から広く学生が集まってきています。

生物地球学科について
選べるコースの紹介
研究室の紹介
研究トピックス
取得できる資格
卒業後の進路
ムービー紹介


入試情報
WEBシラバス
生地談話会
生地研究会
生物地球システム学科

オープンキャンパス情報
Copyright